PR

 サイボウズは2002年3月5日,同社の主力グループウェアの新版「サイボウズAG」を発表した。3月6日から同社のWebサイトでベータ版をダウンロードできる。製品の出荷開始は2002年第2四半期を予定している。価格は10ユーザで6万8000円。

 同社の主力製品である「サイボウズOffice」の後継製品になる。最大の特徴は,企業情報や地図情報,路線探索,ニュースなど,同社が提携した企業のインターネット・サイトの情報と連動可能なこと。このような情報をユーザの利用モデルに合わせて提供していることから,同社は「エージェント指向」と標榜している。例えば企業の連絡先を登録するときに,企業名のテキスト・ボックスの隣にある「企業検索」ボタンを押すと,東京商工リサーチが提供する情報を検索してくれる。検索結果として住所や電話番号などが表示され,同じ画面にある「取り込む」ボタンを押すと連絡先の登録画面に戻り,検索結果が入力値として反映される。また,新たなアポイントメントを作成するときに自動的にその企業の情報を表示したり,時刻表や宿泊予約などのシステムを呼び出したりできる。路線探索はヴァル研究所,地図検索ではアルプスと提携している。

 このようにユーザの利用モデルを想定したユーザ・インタフェースは,使いやすいだろう。しかしこれを指してエージェント指向と称するのは少々疑問がある。例えば同じユーザが操作をしていても,それがプライベートなのかビジネスなのかを自動的に認識して提示するオプションを変える,といったものが「エージェント」と呼べるだろう。固定的なプロセスしか提示しないサイボウズAGは,「便利な利用モデルを組み込んだ」にすぎない。将来的にはエージェント・モデルへ発展する可能性はあるが,まだ「第一歩」と言えないのではないだろうか。

(北郷 達郎=日経バイト)