PR

 マイクロソフトは2002年3月20日,次世代プログラムの実行環境である「.NET Framework」の日本語版の配布を開始した。

 3月22日に迫ったVisual Studio .NETの出荷に合わせて配布を開始したもの。再配布可能な実行パッケージと,コンパイラやライブラリなど開発に必要な最低限のツールを備えた.NET Framework SDKの2種類がある。

 なお同時に.NET Frameworkのサービスパック1も公開された。これは全世界同時公開。既知のバグの修正のほか,セキュリティ・ポリシを変更した。具体的にはインターネット・ゾーンにおける.NET Frameworkに基づくコード(Managed Code)の自動実行を禁止するというもの。.NET FrameworkのコードはJavaと同じように実行できる機能に制限があるため,このことが即危険につながるわけではないが,同社のセキュリティに対する考え方が変わったことからこのような変更を実施したという。

(北郷 達郎=日経バイト)