PR

 三洋電機は2002年8月21日,ディジタル・カメラの新製品「DSC-MZ3」を発表した。640×480ドットのサイズで30フレーム/秒の動画を撮影できるのが特徴。2002年9月20日に発売する。価格は5万8000円。

 撮像素子は,1/1.8インチの211万画素CCD(有効画素数195万画素)。原色フィルタを採用した。レンズは光学3倍ズーム(35mm換算で37~111mm)。記録メディアはCompactFlash(TYPE I/II)でマイクロドライブにも対応する。

 撮影する動画のサイズは,640×480ドット,320×240ドット,160×120ドットの中から選ぶ。30フレーム/秒か15フレーム/秒かも選択する。160×120ドット,15フレーム/秒でマイクロドライブを使用した場合,最大約180分の動画が撮影できる。フォーマットはQuickTime Movieを採用した。QuickTime 3.0以降をインストールしたパソコンで再生できる。

 起動時間が1.7秒と高速なのも特徴。撮影間隔も,約0.8~1.2秒と短い。連写は,1600×1200ドットの画像(画質ノーマル)で15コマ/秒の撮影が可能。

 充電式のリチウムイオン電池,テレビと接続するためのAVケーブルやパソコンと接続するためのUSBケーブルなどが付属する。サイズは幅99×高さ55×厚さ32.5mm。重量は約210g(電池,メディアを除く)。

(大森 敏行=日経バイト)

三洋電機