PR

アークンは2003年1月8日,パソコンに仕込まれた不正アクセス/迷惑ツールを発見し,排除するソフトウェア「PestPatrol 4.1」を2003年1月14日から出荷開始すると発表した。

 このツールで発見/排除するのは,トロイの木馬やスパイウェア,キーログ収集ツール,ハッキング・ツール,DDoS(分散型サービス不能攻撃)を仕掛けるプログラム(ゾンビ)など。ハードディスクやメモリをスキャンして見つける。ウイルスは検知しない。同社によると「ウイルス対策ソフトはウイルス以外の悪意を持ったツールへの対応が手薄。このツールを導入することで補完できる」としている。

 開発は米PestPatrol社。アークンは日本の総販売代理店である。1月14日に出荷開始する製品はメニュー表示やヘルプが英語のままだが,2003年2月上旬に日本語化した版を投入するという。購入ユーザは,この日本語版に無償でアップグレードできる。

 価格はオープン(5ユーザー・ライセンスで1人当たり5000円程度)。Windows 98/Me/NT 4.0/2000/XP上で動く。システム・インテグレータなどを通じて販売する。

(中道 理=日経バイト)