PR

 マイクロソフトは2003年1月14日,Windows XP Professionalを搭載したパソコンにリモートからアクセスするディスプレイの規格「Windows Powered Smart Display(スマートディスプレイ)」を発表した。同時に,NECと富士通が対応製品を発売することを表明した。

 スマートディスプレイは,いわばパソコンの“子機”である。親機となるパソコンを無線で操作する。親機はWindows XP Professionalが動作している必要がある。スマートディスプレイは,Windows CE .NETをベースに開発された「Windows CE for Smart Displays」を搭載する。両者は,Windows XP Professionalを遠隔地から操作するための機能「リモート・デスクトップ」を使ってやり取りする。ペン入力で操作するのが基本。データの保存や処理はすべて親機となるパソコンが担当し,スマートディスプレイはそれを操作するための画面を表示する役割だけを持つ。台所,リビング,子供部屋など,家庭内のさまざまな場所にディスプレイだけを持ち運んでパソコンを利用する用途を想定している。

 物理的な接続に利用するのは,無線LAN規格であるIEEE 802.11b。「将来的にはより高速なデータ転送ができる802.11aや802.11gにも対応する予定」(米Microsoft社のKeith Whiteシニア・ディレクタ)だという。

 スマートディスプレイ対応製品は,NECと富士通が発売を予定している。NECが発売するのは「SD10」。10.4型のTFT液晶を採用し,重さは約1.5kg,外形寸法は幅290×奥行き220×高さ31mm。価格は9万9800円で,2003年2月6日に出荷を開始する。一方の富士通は具体的な製品名や価格を明らかにしていない。同社のデスクトップ・パソコン「DESKPOWER Lシリーズ」とのセット販売になる見込みである。出荷は2003年2月下旬を予定しているという。

(八木 玲子=日経バイト)

マイクロソフト