PR

 インテルは2003年3月12日,ノートパソコン向け技術「Centrino」を発表した。Centrinoは,同社初のノートパソコン専用CPU「Pentium M」や無線LAN機能を含むブランドである。Pentium Mは,低消費電力と高性能を両立することを目的に同社が開発を進めていた。同日,NEC,ソニー,東芝,日本IBMなどが同技術に対応したノート・パソコンを発表した。

 Centrinoは,Pentium Mと同CPU向けチップセット「855」,無線LAN機能を持つMiniPCIカード「PRO/Wireless 2100」の三つを総称するブランド。三つがそろわなければCentrinoブランドは名乗れない。

 PRO/Wireless 2100は現在はIEEE802.11bにしか対応していない。802.11aへの対応は2003年半ばになる予定。このため,パソコン・メーカーが独自に802.11aに対応した製品はCentrinoブランドではなくなる。

(大森 敏行=日経バイト)