PR

 ネットワールドは2003年4月21日,1台のPC上に複数の仮想OS環境を作るソフトウェア「VMware」の新版を発表した。VMwareを使えば,1台のPC上でWindowsやLinux,NetWareなどの異なるOS環境を複数稼働できる。主には,アプリケーションの開発やテスト,テクニカル・サポートで利用する。

 発表したのは,デスクトップ向け製品である「VMware Workstation 4日本語版」。Windows上で動作する製品とLinux版の2種類がある。Windows版なら,ホストOSとなるWindows上でVMwareを起動し,複数の仮想環境を作る。その後,それぞれの仮想環境内で別のOSを稼働する(仮想環境内のOSをゲストOSと呼ぶ)。

 新版では,(1)一つのウインドウ内に複数の仮想環境を作成し高速に切り替える機能,(2)アイコンをクリックするだけで仮想環境の状態を保存/復元する機能,(3)ネットワークを設定するためのグラフィカル・ツール,(4)仮想環境内にあるアイコンをドラグ・アンド・ドロップ操作でホストOS上にコピーする機能,などを追加した。仮想環境内におけるサウンドやグラフィックスの高速化を図ったほか,無線LANサポート機能も強化した。また,ホスト/ゲストOSとしてWindows Server 2003やRed Hat Linux 8.1などを新たにサポートした。

 開発は米VMware社。2003年4月21日に発売を開始し,価格はオープン(ネットワールドの通販価格はWindows版とLinux版とも5万1000円)。2003年3月13日以降に旧版「VMware Workstation 3.2」を購入したユーザは無償でバージョンアップできる。

(藤田 憲治=日経バイト)