PR

 アップルコンピュータは2003年10月10日,クライアント向けOSの新版Mac OS X v10.3“Panther”と,サーバー向けMac OS X Server v10.3“Panther Server”の詳細を明らかにした。クライアント版は,主に使い勝手の向上を図った。サーバー版はクライアント版をベースに,オープンソースのサーバー用ソフトを多数搭載した。どちらも2003年10月25日に出荷を開始する。

 ウインドウの操作性を改善するために盛り込まれた新機能が「Exposé」。複数のウインドウを起動している場合,目的のウインドウを探し当てるのは煩雑な作業だ。Exposéはファンクション・キーを1度押すだけで,起動中のウインドウを一覧表示する(写真)。ここから一つを選んでクリックすると,それが最前面に表示される。特定のアプリケーションが開いているウインドウだけを一覧表示させるといったことも可能である。

 日本語版独自の変更点として挙げられるのが,かな漢字変換ソフト「ことえり」が4にバージョンアップしたこと。「変換効率が大幅に向上し,同種のソフトの中でもトップを争えるほどになった」(アップルコンピュータプロダクトマーケティングの櫻場浩課長)。入力モードの切り替えミスにも対応した。ひらがな入力の状態で「www」の後に「.」が入力されると,URLを入力していると判断して自動的に半角英数モードに切り替える。

 サーバー版もコアの部分はクライアント版と同じである。その上に,オープンソースのソフトを多数利用してサーバー機能を実現した。Webサーバーの「Apache」,J2EE(Java 2 Platform, Enterprise Edition)に基づくアプリケーション・サーバー「JBoss」,Windowsマシンにファイルやプリントのサービスを提供する「Samba 3」などである。またディレクトリ・サービスの認証機能を強化したり,管理ツールを使いやすくするなどの変更も加えた。

 クライアント版の動作環境は,PowerPC G3/G4/G5を搭載したマシン。サーバー版はPower G3/G4 Cube/G4/G5,iMac,eMac,Xserve,Macintosh Server G3/G4で動作する。なおクライアント版,サーバー版とも,USB対応マシンである必要がある。価格はクライアント版が1万4800円。サーバー版はクライアント数が10で5万9800円,無制限で9万8000円。

(八木 玲子=日経バイト)

アップルコンピュータ