PR

 ボーランドは2003年11月6日,UMLによるモデル作成ツール「Borland Together for Microsoft Visual Studio .NET」の日本語版を発表した。米Microsoft社の統合開発環境「Visual Studio .NET」に組み込んで利用する。2003年11月11日に出荷を開始する。

 組み込むとVisual Studio .NETの一機能のように振る舞う。特徴は,クラス図とそれに対応するソースコードがリアルタイムで同期していること。どちらかを変更すれば,その結果がもう一方に反映される。ただ,同期できるプログラミング言語はC#のみ。Visual Basic .NETや,Visual C++ .NETには対応していない。またシーケンス図やコラボレーション図などの作成機能や,登録されているデザイン・パターンをテンプレートとして呼び出す機能などを備える。同社はこれまでJavaの開発環境向けのUMLツールを提供していたが,Visual Studio .NET向けはこれが初めて。

 UML 1.4に準拠している。ライセンスは2種類あり,単一の開発者しか利用できない「指名ユーザーライセンス」が9万8000円。複数のパソコンにインストールできるが,同時に1台しか起動できない「フローティングライセンス」が19万円。2003年12月26日までは,指名ユーザーライセンスを4万8000円で購入できる。動作環境は,Windows 2000(Service Pack 2以上)とWindows XP Professional。

(八木 玲子=日経バイト)

ボーランド