PR

 アッカ・ネットワークスは2003年11月25日,下り最大40Mビット/秒の「40Mbpsサービス」を2004年1月下旬より開始すると発表した。また,2004年春頃より,下り速度を維持したまま上り速度を最大3Mビット/秒(サービス当初は1Mビット/秒)に高速化できるファームウェアを配布する。

 月額料金は26Mビット/秒サービスと同等になる模様。サービスの料金は,インターネット接続事業者(ISP)に依存するが,既にこの回線サービスを使ったサービス開始を表明しているNTTコミュニケーションズの価格を見ると最大26Mサービスと同じになっている(NTTの回線使用料とモデムのレンタル料金を含めて3828円)。

 また,上り3Mのファームウェア配布が遅れるのは,DSL回線同士の干渉を議論しているTTC(情報通信技術委員会)の結論が2004年春までまとまらないと見ているため。TTCで承認され次第,ファームウェアの配布を開始する。

 サービス提供エリアは,2004年2月末までに他の回線サービスを提供中の全エリアに拡大する。

(中道 理=日経バイト)