PR

 ソフトバンクBBとヤフーは2003年11月25日,下り最大45Mビット/秒,上り最大3Mビット/秒の「Yahoo! BB 45M」サービスを2004年1月下旬に開始すると発表した。サービスは2003年12月1日より受け付けを開始する。

 他社が最大40Mビット/秒とする中,Yahoo! BBが45Mビット/秒とするのは「圧縮技術を使っているため」(ソフトバンク広報)という。具体的には,ADSLモデムがデータを送信する際に使っているATMセルヘッダーの余分な部分を取り除き,代わりにデータを入れることで送信効率を上げている。この技術により「約10%程度の速度向上が期待できる」(ソフトバンク広報)という。また,上り速度は2004年1月下旬から3Mビット/秒で提供する予定である。ただし,TTC(情報通信技術委員会)の議論次第では,当初1Mビット/秒になる可能性があるという。

 サービス料金は,26Mサービスよりも300円高い4138円(NTT東日本エリアの場合。モデムレンタル料金,NTTのDSL回線使用料を含む)。サービスエリアは,全国1500の地域から開始し,全国に順次広げるという。また,今回の45Mサービスに加えて,無線LANパック(月額990円)を申し込むことで新型モデムをIEEE802.11g対応のアクセスポイントにすることができる。

(中道 理=日経バイト)