PR
 2004年1月19日,ソニーはワイヤレス液晶テレビ「エアボード」の新型「LF-X1」を発表した。これまでの「エアボード」シリーズは家の中だけで持ち運ぶことを想定していたが,LF-X1では外出先から家にあるハードディスク・レコーダやテレビの画像を見るといった使い方ができるようになった。同年3月12日から出荷を開始する。価格はオープンだが,予想実売価格は14万8000円前後。

 LF-X1はベースステーションと,12.1インチの液晶モニターで構成されている。機能面では「NetAV」と呼ぶインターネット経由での遠隔操作機能が特徴である。例えば同社の「スゴ録」や「PSX」などのハードディスク・レコーダに保存した画像を遠隔にあるモニターから見ることができる。ベースステーションはVHF/UHF端子,ビデオ端子,S映像端子の映像端子を備えており,これらの端子を持つ機器をベースステーションに接続して映像を送る。ベースステーションから機器を制御するときは「AVマウス」と呼ぶ赤外線インタフェースを用いる。ちなみに他社製のハードディスク・レコーダーでもAVマウスに対応している機種であれば接続できる。モニターがベースステーションと直接通信するとき(屋内で約30m)は無線LANで通信できるが,インターネットを介して通信する場合はモニターをEthernetケーブル経由でインターネットに接続する。画像の映り具合はデータ転送速度に依存するため,ブロードバンド環境で400kビット/秒以上を推奨するという。転送速度が落ちると一部分の画像が欠けるブロックノイズが生じる。

 ベースステーションの無線通信機能は,IEEE802.11a/b/gに対応。2.4GHz帯で3チャネル,5GHz帯で4チャネルを選択できる。外形寸法と質量ははそれぞれベースステーションが幅58×高さ222×奥行き180mmで約0.55kg,モニターが幅365×高さ240×奥行き31mmで約2.4kg(付属のバッテリーを含む)。

(堀内 かほり=日経バイト)