PR

 NECは2004年2月3日,クレジット・カードとほぼ同じサイズの薄型携帯電話を発表した。幅85mm×奥行き54mm×厚さ8.6mm,重さ70グラムと小型・軽量ながら,デジタルカメラ機能を搭載している。2004年2月末に中国で出荷を開始する。日本国内でも今後販売する可能性はあるが,現在のところ具体的な計画はない。

 撮像素子は30万画素のCMOSセンサー。デジタルズームや暗闇撮影機能を持つ。通信方式は,GSM/GPRS方式。本体はマイクやスピーカーを持たないため,通話にはイヤホン・マイクを使う。連続待ち受け時間は85時間,通話は70分。価格は7000元前後になる見込み。日本円に換算すると約10万円である。

 薄型化のために「3年近い歳月をかけてあらゆる部品の見直しをした」(同社執行役員兼中央研究所長の渡辺久恒氏)。回路基盤や液晶ディスプレイ,電池など各部品モジュールを薄くした。部品の配置も工夫し,筐体内部の無駄な空間を省いた。さらに外装の金属にも薄いものを使い,従来型の携帯電話に比べて容積を50%圧縮した。ただし単純に金属を薄くすると,耐衝撃性が下がる。このため金属の内部に,衝撃を吸収するための樹脂を配置した。「さまざまな金属と樹脂の組み合わせを100種類以上試し,最も高い強度が得られたものを採用した」(渡辺氏)。

 中国で販売する理由は「日本よりも小型・軽量化に対するニーズが高く,さらに他人と違う特徴的な外観が好まれるため。まず中国でユーザーの反応を見て,状況によっては日本国内や中国以外の海外への展開も考える」(同社の田村義晴モバイルターミナル事業部長)。今回の製品はGSM/GPRS方式を採用したが,日本国内で使われているW-CDMA方式やPDC方式などにも対応可能だという。

(八木 玲子=日経バイト)

NEC