PR

 マイクロソフトは2004年2月24日,.NET Framework上で動作するWebアプリケーションの開発ツール「Microsoft ASP.NET Web Matrix version 0.6」の日本語版を公開した。同社のWebサイトからダウンロードし,無償で利用できる。対応言語は,C#,Visual Basic .NET,J#。

 Web Matrixは,米Microsoft社のASP .NETチームの有志が開発したASP .NET用の統合開発環境。ASP .NETを利用したWebアプリケーションを手軽に開発できる。用意されているボタンやテキスト・ボックスなどの部品をドラッグ・アンド・ドロップで貼り付けて,Webアプリケーションの画面をビジュアルに作成できる。データベース定義やクエリーを対話的に生成する機能もある。テスト用のWebサーバー・ソフトを同梱しているので,Windows XP Home Editionなど,Internet Information Service(IIS)を備えていないOSでも動作を確認できる。

 当然ながら,同社の統合開発環境「Visual Studio .NET」より機能は劣る。例えば,「IntelliSense」機能を備えていない。これは入力時にクラスが持つプロパティやメソッドを一覧表示して,ソースコードの記述を支援するもの。またデバッガも付属しない。マイクロソフトは手軽に使える開発環境と位置付けているが,.NET Frameworkが備える大量のクラスをある程度把握していないと,このツールは使いにくい。むしろ大規模開発の時に“poorman's Visual Studio”として有効活用されるのではないだろうか。

(八木 玲子=日経バイト)

ASP .NET Developer Center