PR

 日本オラクルは2004年4月19日,Javaアプリケーションの統合開発環境(IDE)の新版「Oracle JDeveloper 10g」のプレビュー版を公開すると発表した。2004年4月23日から,同社のWebサイトでダウンロードできる。目玉の一つが,Webアプリケーションを手軽に開発する機能。画面要素やデータベース接続などの部品をマウスで貼り付けていくことで,Webアプリケーションを開発できるようになる。正式版は,2004年の初夏に発売予定。

 Webアプリケーションの簡易開発機能は,JavaServer Faces(JSF)というフレームワークに基づいて実現している。JSFはWebアプリケーションの画面要素などを部品化し,それを組み合わせてWebアプリケーションを開発するためのもの。2004年3月にJCP(Java Community Process)によって最終仕様がリリースされ,主だったJavaのIDEはすべて対応する見込みだ。既に日本IBMやサン・マイクロシステムズがJSF対応のIDEのプレビュー版を公開している。

 Oracle JDeveloper 10gではこれ以外にも,データベース関連の開発機能やUMLによるモデル作成機能なども強化した。例えば「TopLink」という同社のO/Rマッピング・ツールを統合する。これにより,開発者はIDEの画面内でプログラムのソースコードとリレーショナル・データベースのマッピング作業ができるようになる。

(八木 玲子=日経バイト)

日本オラクル