アップルコンピュータは2004年6月8日,小型の無線LANアクセスポイント「AirMac Express」を発表した。

 従来のAirMacと同じIEEE802.11gのアクセスポイント。(1)従来外部に付けていたACアダプタを内蔵するとともに小型化,(2)パソコンに格納された音楽ファイルをミニコンポなどを通して再生,が特徴。

 形状がACアダプタのように,直方体状の筐体から電源コネクタが飛び出している。直接電源コンセントに挿入して使用する。大きさは高さ9.4cm ×幅7.5cm× 奥行き2.8cm,重量は189g。

 (2)の音楽再生機能のために光デジタル端子とアナログ出力端子を装備した。ここにオーディオ機器を接続する。再生のためには,パソコン側にアップルの音楽関連ソフト「iTunes 4.6」がインストールされている必要がある。
 価格は1万5540円。出荷開始は2004年7月から。店頭と同社のオンライン・ショップで販売する。

(中道 理=日経バイト)