PR

 NTTコミュニケーションズは2004年8月19日,公衆無線LANサービス「ホットスポット」にOCN会員を対象にした従量課金プランを同年8月23日から追加すると発表した。料金は1分10.5円。320分(3360円)までは従量課金だが,それ以降は3360円に固定される。また,従来の定額プランで必要だった事前申し込み手続きをなくした。
 
 サービスへのアクセスはまずWEPキーとESS-IDを登録してネットワークに接続する。すると,認証用のWebページが現れるので,ここでOCNの認証IDとパスワードを入力して接続する。WEPキーとESS-IDはOCNのユーザー用ページで個別に通知するほか,OCN新規申込者に対しては,開通通知書類にも記載して通知する。

 なお,接続時間はユーザー認証終了後から,ユーザーがログオフボタン(認証終了後ポップアップ画面で表示される)を押すまで計測している。また,ログオフボタンが押さなかった場合は,一定時間トラフィックが流れないと強制終了しているという。

(中道 理=日経バイト)