PR
 Wi-Fi Allianceは2004年9月8日,QoS(Quality of Service)を必要とする無線LAN機器向け相互接続テストで初めて認定を受けた製品を発表した。QoSが必要とされる音や映像を扱う機器向けの認証プログラムを「WMM(Wi-Fi Multimedia)」という。無線LAN規格「IEEE802.11e」に準拠している。

 今回認定を受けた機器は,米Atheros Communications社,米Broadcom社,米Cisco Systems社,米Conexant Systems社,米Instant802 Networks社,米Intel社,蘭Royal Philips Electronics社のアクセスポイントや無線LANカードなど。

 IEEE802.11eは,音声や映像を途切れなく送れるように優先的に伝送する規格。二種類の制御方式を規定しており,パケットごとにプライオリティを付けて優先制御する方式とコントローラを使って各機器に優先権を与える方式がある。WMMは前者の方式の認証プログラムである。後者の方はテレビやDVDプレーヤなどの家電で無線LANを使ってデータ伝送する際に有効だといわれているが,まだ認証プログラムは策定されていない。

(堀内 かほり=日経バイト)