PR

 ジャストシステムは2004年9月28日,Linux版のワープロソフト「一太郎 for Linux」のライセンス販売を2004年12月22日に開始すると発表した。1ライセンスあたりの価格は1万6000円(税抜き)。2005年1月21日からは,同社のWebサイトでパッケージ販売も開始する。価格は2万1000円(税込み)。2005年3月31日までは特別価格として1万1550円(税込み)で購入できる。

 同社は既に,Linux上で動作するワープロソフト「一太郎Ark」を販売してきた。しかしWindows版の一太郎とは機能面で大きく違い,あまり成功したとは言えない状況。今回の一太郎 for Linuxは,Windows版一太郎とほぼ同等の機能を盛り込む初めての製品となる(テンプレートの読み込みなどに一部制限有り)。X Window SystemやUNIX上でWindowsのAPIを再現するオープンソースのライブラリ「Wine」を利用している。Ver.3以降の一太郎や,マイクロソフトの「Microsoft Word」で作成したファイルも読み込める。必要なコンポーネントのバージョンは,kernel 2.4.20以上,glibc 2.3.2以上,GTK+ 2.2.1以上,XFree86 4.3.0以上。

 同時に,Linux向けかな漢字変換ソフトの最新版「ATOK for Linux」も発表した。Windows向けの最新版である「ATOK17」と同等の変換精度を持つ。一太郎と同じく,2004年12月22日にライセンス販売,2005年1月21日にパッケージ販売を開始する。価格はライセンス版が7000円(税抜き),パッケージ版が1万290円(税込み)。なお,一太郎 for LinuxにはATOK for Linuxが付属している。

(八木 玲子=日経バイト)

ジャストシステム