PR

 東芝は2005年1月18日,携帯電話で遠隔地にあるパソコンのデスクトップを操作できるシステム「ユビキタスビューア」の開発を発表した。例えば,パソコンのPDFファイルの閲覧や,Excelファイルの閲覧/編集が携帯電話でできる。

 システムは三つのソフトからなる。携帯電話で動作するクライアント部と,パソコンで動くサーバー部,および両者の通信を媒介するゲートウェイ・サーバー部である。サーバー部の役割はデスクトップ画像の圧縮と,クライアントから受け取ったコマンドの解釈および実行である。クライアント部は,画面データの表示とユーザーの操作をコマンドとしてサーバーに送る。ゲートウェイは,セッション管理やユーザー管理などを担当する。捜査対象のパソコンがファイアウォールの内部にいても対応できるよう,通信を媒介する役目もある。
 
 携帯電話とパソコンでは操作環境が違う。特に問題となるのがマウスによる操作と画面の大きさである。まず,マウスは十字キーによってマウスポインタの位置を決定し,テンキーの操作でダブルクリックなどのボタン操作に代える。例えば,「1」がダブルクリック,「2」がシングル・クリック,「3」が右クリックに対応している。携帯電話の画面サイズは,パソコンよりも小さいため,携帯電話で上下左右にスクロールして,全体を表示する。画面の縦横変換,拡大縮小機能もある。

 今回開発したシステムは,KDDIの携帯電話端末「W21」シリーズを対象にしたもの。クライアント・プログラムはBREW環境上で動作する。他の事業者の端末でも利用可能なようにJava版も開発する予定だという。なお,このシステムを使ったBREW対応端末向けサービスが2005年3月末までに提供されるという。利用料は月額数百円の見込み。
 
(中道 理=日経バイト)