PR

 東芝は2005年3月29日,1分間で総容量の80%まで充電できるリチウムイオン2次電池を試作したと発表した。10分未満で満充電に達する。リチウムイオンを吸収/放出する速度を高めた負極材料を採用することで充放電速度を向上させた。2006年中に製品化する。大電力を急速に充放電できる特性を生かし,電気自動車などの電力回生装置といった産業用の2次電池としての採用を見込む。

 充電速度の向上と合わせて,充放電に伴う劣化を減らした。新負極材料が充電時の発熱を抑える効果があるため,発熱による劣化が少ないという。試作品(幅35×高さ62×奥行き3.8mmのラミネート型。容量は600mAh)で充放電を1000回繰り返した後の容量低下は1%にとどまった。

 新負極材料は金属材料という以外の詳細を明らかにしていない。一般的なリチウムイオン2次電池は負極にカーボン・グラファイトを使用する。金属の微粒子を均一に固定する技術を開発したことにより,金属負極材料を実現できたという。

(高橋 秀和=日経バイト)

東芝