PR

 ボーランドは2005年4月19日,開発者の役割を指定すると機能や画面が変わる開発ツール「Borland Core SDP(Software Delivery Platform)」を発表した。同社がこれまで整備してきた開発ツール群からメンバーの役割ごとに必要な機能を選別して,一つのツールとして提供する。作業に応じて複数のツールを使い分ける必要がなくなる,開発にかかわる情報を役割ごとに異なるビューで見ることができる,といったメリットがある。2005年5月18日に出荷を開始する。

 ボーランドはこれまで,「ALM(Application Lifecycle Management)」というキーワードに基づいて各種開発ツールを整備してきた。要件定義のための「CaliberRM」,モデリング・ツール「Together」,プログラミング環境「JBuilder」,コード共有/バージョン管理ツール「StarTeam」,テスト・ツール「Optimizeit」などである。これらを統合した製品として「Borland Enterprise Studio for Java」も販売してきた。ただしこれでは,利用者にとって不要なツールが盛り込まれていたり,作業に応じて複数のツールを切り替えなければならないといった問題があった。Borland Core SDPは,これらの機能を開発者の役割に応じて整理し,一つのツールに仕立て直したものだ。アナリスト,アーキテクト,デベロッパー,テスターの4種類のライセンスを用意し,それぞれの役割に適した機能を一つのツールの中で利用できる(表)。また役割に応じて,データを閲覧する際のビューを変える。Borland Core SDPでは開発作業にかかわるデータはリポジトリで一元管理されており,例えばアナリスト版でモデル図を閲覧すると,抽象度の高いモデル図だけが表示される。これをデベロッパー版で見ると,モデル図に対応したソースコードも表示される,といった具合だ。なお,TogetherやJBuilderなど既存の単体製品の販売はこれまで通り継続される。

 導入企業のプロジェクト構成に応じて複数ライセンスを組み合わせて販売する(ライセンスやデータを管理するリポジトリもセットになる)。「20~30人くらいの中規模のプロジェクトからを想定している。導入費用は構成に応じて変わるが,1000万~1500万円程度からになる」(ボーランド SE本部の山田茂本部長)。

利用できる機能 アナリスト アーキテクト デベロッパー テスター
モデリング    
開発(プログラミング)環境    
テスト環境  
構成管理
要求管理

(八木 玲子=日経バイト)