PR

 松下電器産業は2005年7月21日,デジタルカメラの新機種「DMC-LX1」を発表した。アスペクト比16:9の撮像素子を搭載したのは,静止画のデジタルカメラとしては世界で初めてという。2005年8月26日に出荷を開始する。価格はオープンで,実売価格は6万3000円前後になる見込み。

 DMC-LX1が搭載する撮像素子は1/1.65型で,有効画素数は840万画素。ワイド撮影時でも上下の画素を切り捨てることなく,有効画素数を最大限に利用できる。「今後は,デジタルカメラの画像をリビングのテレビで見るという家庭も増えてくるだろう。テレビの販売台数のうちワイド型が6割を超えているため,ワイド画像を高画質で撮影できることが求められる」(パナソニックマーケティング本部商品企画グループの藤井正義グループマネージャー)。なお,アスペクト比は3:2,4:3に切り替えることも可能。搭載するレンズは光学4倍ズームレンズで,焦点距離は35mm換算で28~112mm。

 同時に,使用する撮像素子の面積を狭めることで見かけの焦点距離を伸ばす機能を備えた「DMC-FZ30」と,薄型軽量ながら光学式手ぶれ補正機能を搭載した「DMC-FX9」も発表した。DMC-FZ30は,光学12倍ズームレンズ(焦点距離は35mm換算で35mm~420mm)を搭載した有効画素数800万(撮像素子のサイズは1/1.8型)の機種。望遠時に撮像素子の一部だけを使って撮影範囲を減らすと,ズームしたときと同じように画角が狭くなる。800万画素の画面を300万画素に絞り込むと約1.6倍の効果が得られる。DMC-FX9は,これまで同社が採用してきたジャイロセンサーによる手ぶれ検知/補正機能を搭載する薄型カメラ。従来機種「DMC-FX8」の有効画素数が500万だったのに対し,有効画素数を600万に増やした(撮像素子のサイズは1/2.5型)。光学3倍ズームレンズを搭載し,焦点距離は35mm換算で35~105mm。両機種とも2005年8月26日に出荷を開始する。価格はオープンで,予想実売価格はDMC-FZ30が7万5000円前後,DMC-FX9が5万円前後。

(八木 玲子=日経バイト)