PR

 日本BEAシステムズ(http://www.beasys.co.jp/)は2001年2月に,Webアプリケーション・サーバー「BEA WebLogic Server(日本語版)」の新バージョン(6.0)を出荷する。大規模システムへの適用を見据えて,トランザクション処理機能などを強化した。英語版は2000年12月19日から,先行発売する。

 WebLogic Server 6.0の最大の強化点は,Javaで記述したアプリケーションから,2フェーズ・コミットを実現できるようにしたことだ。2フェーズ・コミットとは,分散した複数のデータベースを矛盾なく同時に更新する技術のこと。これにより,複数データベースを更新するトランザクション処理中に,システム障害が発生しても,データベースの状態を正常に戻すことができるようになる。

 このほか,Javaアプリケーション間で電子メールをやり取りするための専用プロトコルであるJavaMailを利用可能にした。これによりWebLogic Server6.0は,J2EE(Java2 Platform Enterprise Edition)1.2が規定するすべての機能を利用したJavaアプリケーションを作成できるようになった。EJB(Enterprise JavaBeans)1.1に加えて,EJB2.0仕様のJavaアプリケーションも作成できる。

西村 崇=日経コンピュータ編集

(IT Pro注:◎関連記事
日本BEAシステムズがアプリケーション・サーバー新版を投入,J2EEに完全対応
「EJB 2.0で競合製品に先行」,WebLogic 6.0が出荷を開始
◎BizTechでの関連記事
日本BEA,WebLogic Server最新版