PR

 ノベルは2月9日,XMLを利用したディレクトリ・サービス製品「Novell DirXML 1.0」の出荷を開始する。ERPパッケージ(統合業務パッケージ)やグループウエアなど,異なるアプリケーションでそれぞれ管理しているユーザー情報を同期させるための設定を細かく定義できる。すでにゼネコン大手の清水建設が導入を決めている。

 DirXMLは,あるアプリケーション独自の形式で管理しているユーザー情報をXML形式に変換して,別のアプリケーションの形式に再変換する。いったんXML形式に変換して管理することで,ユーザー情報に含まれる氏名や所属部署などから同期させる項目を簡単に追加・削除できるようにした。従来のNDSでは「同期させる項目があらかじめ決まっていて,ユーザーが勝手に選択することができなかった」(大木淳一マーケティング部フィールドマーケティンググループプログラムマネジャー)。当初は,Active Directory,NDS,iPlanet Directory Server(Netscape Directory Server)の各ディレクトリ・サービスを,グループウエア製品のExchangeとノーツ用の変換エンジンを用意する。

 ノベルはDirXMLと同時に,主にWebサーバーや電子メール・サーバーのユーザー情報を効率よく管理する「NDS eDirectory 8.5」と,Windows NTやSolarisなど,異なるOSでそれぞれ管理しているユーザー情報を統合管理する「Novell Account Management 2.1」を出荷する。

栗原 雅=日経コンピュータ編集

(IT Pro注:◎関連記事
ノベル,DirXML日本語版を発売,異種ディレクトリ間をXMLで同期
異種ソフト間のディレクトリ情報を一元化するソフト,ノベルが2月に出荷
◎BizTechでの関連記事
ノベル,NDSのデータをXMLに変換するツール発表

[発表資料1(DirXML),発表資料2(NDS eDirectory 8.5,Novell Account Management 2.1)へ])