IR(投資家向け広報)支援サービスを提供するジェネラル ソリューションズ(http://www.c-direct.ne.jp/)は3月末から,企業がインターネット上で投資家向け説明会を開催するための支援サービス「Conference Direct」を開始する。ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)形式で提供する。

 Conference Directの特徴は,音声によるやり取りを可能にしたこと。デジタル・データ化した音声をIPネットワーク上でやり取りする「VoIP(ボイス・オーバーIP)」を使うことで実現する。投資家のパソコンの画面に,ExcelのグラフやPowerPointのプレゼンテーションを表示することも可能。投資家は,企業が開催する説明会にインターネットを通じて参加し,企業の説明を聞いたり,質疑応答ができる。企業にとっても,低コストで説明会を開催できるので,情報公開を充実しやすくなる。

 ゼネラル ソリューションズは同サービスに続き,2001年3月にはIRサイトの情報を投資家が閲覧した履歴を分析できるサービスを提供する予定。

 (小林 暢子=日経コンピュータ

(IT Pro注:◎関連記事
ネット上のIR支援総合サービス--3月から提供