PR

 シャープが4月4日,携帯情報端末「Zaurus」上で稼働するJava実行エンジンの提供を始める。「Zaurus用ソフト実行環境(for PersonalJava)」と呼ぶソフトで,Javaアプリケーションの開発者向けに発売する。「英ダオが開発した『Intent』と呼ぶ技術を利用することで,通常のJava実行エンジンよりも10倍高速にJavaプログラムを実行できる」(宇野裕史モバイルシステム事業部長)と主張する。Intentは,Javaプログラムを実行する前にいったんコンパイルする技術。通常のJava実行エンジンは,プログラムをインタプリタ方式で実行する。

 シャープはZaurus用ソフト実行環境を,同社が運営するWebサイト「シャープ スペースタウン(http://www.spacetown.ne.jp/)」で販売する。価格は3000円で,年内に1000本程度を販売する計画。これをテコに,今後1年間で1万本のZaurus用Javaアプリケーションをそろえたい考え。

 Zaurus本体にJava実行環境を標準添付したモデルも,今後,1年以内に製品化する見通し。「Javaアプリケーションを実行するためには,Zaurusのメモリー容量を増やす必要があり,コストがかさむ。このため今すぐ標準添付することはせず,ユーザーの動向を見極める」(宇野事業部長)という。一方,シャープが今年夏から,米国や欧州で販売するLinux搭載の携帯情報端末は,初めからJava実行環境は標準添付する。

 Zaurus用Java実行エンジンの製品化は,同社の新戦略「シームレス・ディジタル・エンバイロンメント(SDE)」の一環。これは,Zaurusのほか,携帯電話やファクシミリなど,同社が開発するすべての種類の通信端末にJavaの実行環境を搭載していくというもの。「将来はAV機器や情報家電も対象にしていく考えだ」(シャープの坂井陽一取締役)。

 SDEでは,異なる機器を使う場合でも,アプリケーションやデータ,ユーザー・インタフェースを共用できるようにする。こうすることで,利用者の利便性を高めることをシャープは目指す。取引先が移転し電話番号が変更になった場合,携帯情報端末の情報を更新すれば,携帯電話やパソコンに登録してあるデータにも容易に反映することができるようになるという。

森 永輔=日経コンピュータ