アドミラルシステム(ASJ,http://www.asj.ad.jp/)は7月16日,Webグループウエア・ソフトのASPサービス「ホットビズ」を開始した。最大の特徴は,利用料金の安さ。10ユーザー・ライセンスで月額2000円,すなわち1ユーザー当たり月200円の破格値を設定した(初期費用が別途1万円必要)。提供形態が異なるので,直接比較はできないが,Webグループウエア市場で首位を走るサイボウズの「Office」は,10ユーザー・ライセンスで7万9800円(SOHO向けパッケージの場合)である。

 ホットビズは,Webメール,予定表,掲示板,設備予約,ワークフローなど11種類の機能からなる。これらの機能はNTTドコモのiモード携帯電話からも利用可能。画面デザインをユーザーがカスタマイズすることもできる。サーバーとクライアントの間の通信は,SSLを使って暗号化し,セキュリティを確保する。

 ASJは1984年創業の老舗ソフト・ハウス。最近は低価格ホスティング・サービスに力を入れており,ここで得たノウハウを使って今回の格安ASPサービスを実現した。

星野 友彦=日経コンピュータ