ノベルは8月30日から,ディレクトリ・サービス製品「NDS eDirectory」を独立系ソフト・ベンダー(ISV)に無償で提供するサービスを開始する。サービス名は「NDS eDirectoryソリューションプログラム」。マイクロソフトのActive Directory(AD)対抗し,NDS eDirectoryの広範な普及を目指す。ノベルにとってNDSの無償提供は大幅な減収になる可能性があるが,「アフター・サポートやサービスで収入を確保する」(同社)という。

 NDS eDirectoryソリューションプログラムを利用できるのは,NDS eDirectory,あるいはLDAP(ライトウェート・ディレクトリ・アクセス・プロトコル)に対応したソフト製品を販売しているか,今後に開発予定があるソフト・ベンダー。ユーザー企業がソフト製品を使って開発したシステムを外販するようなケースは対象外となる。
 
 ノベルの高橋正廸マーケティング本部長は今回のサービスの狙いについて,「ソフト・ベンダー各社によりよいソフトを開発してもらうための啓蒙的な意味合いが強い」としている。無償提供の限度はソフト・ベンダー1社につき,25万ユーザー・ライセンスまで。25万を超える場合は1ユーザー・ライセンスごとに,ノベルがライセンス料を徴収する。なおクライアント・ライセンス料は,1ユーザー当たり500円。

矢口 竜太郎=日経コンピュータ