PR

 音楽ソフト制作大手のエイベックス(http://www.avexnet.or.jp/index2.htm)はCRM(顧客関係管理)ソフトの導入を決めた。同社のWebサイトや携帯電話サイトへのアクセス履歴,ファン・クラブへの加入状況などを顧客ごとに一元管理するシステムを年末までに構築する。顧客一人ひとりの情報を収集・蓄積することで,顧客の好みに合わせた的確な情報提供につなげたい考え。将来的には,顧客が購入した音楽CDやコンサート・チケットの購入履歴も個人単位で収集することも検討している。

 エイベックスは,米ブルーマティーニソフトウェアが開発したeCRMソフト「Blue Martini 4」を導入する。このソフトを使って,顧客の購買履歴やエイベックスとのコンタクト履歴を管理する。Blue Martini 4は,エイベックスのインターネット事業を統轄する子会社エイベックスネットワークが中心になって導入する。Blue Martini 4を国内で販売するネットイヤーグループ(http://www.netyear.net/)や電通,電通テックもシステム開発に全面協力する。

川又 英紀=日経コンピュータ