PR

 日立製作所と米サン・マイクロシステムズは8月8日,ストレージ製品の販売に関して提携したと発表した。サンは,日立の最上位ストレージ「SANRISE2000」を全世界で販売する。日立のSANRISE2000は,すでに米ヒューレット・パッカードがOEM販売している。日立はHPに続いて,世界最大のUNIXサーバー・ベンダーであるサンを,ストレージの販売パートナとして獲得したことになる。

 サンは,これまで大型ストレージに関して,有力な製品を持っていなかった。同社のエド・ザンダー社長兼COOは,「今回の提携で優れたストレージ製品を得た。市場ニーズにより的確に対応できるようになる」と期待を語っている。

玉置 亮太=日経コンピュータ

◎関連記事
米サンが日立の大規模ストレージを世界市場で販売へ,「数十億ドル」の契約
<日立関連>
米HPと日立,ストレージ製品の技術協力とOEM契約を3年間延長
米IBMと日立,ストレージの相互運用性確保に向けAPIをクロスライセンス
日立がストレージ・ソリューション・ベンダーへの“転身”を宣言
「EMCに対抗できる体制が整った」,日立のストレージ事業幹部が宣言
<Sun社関連>
米サンと米ベリタスが小企業向けNASソリューションで提携
米サンがNAS製品「StorEdge N8400」「同N8600」を発表,最大容量は10Tバイト
【アナリストの眼】大規模ストレージ事業に傾斜する米サン,市場での存在感不足を払拭できるか
【アナリストの眼】米EMCと米Sunの新戦略で激動期を迎えるストレージ市場
<業界動向>
ストレージ業界団体SNIA,SANソリューションの拡充を目指すフォーラムを設置
米コンパックと米サンがSANの相互運用性で提携
米コンパック,米EMC,米IBMなど6社,SANソリューション構築でスクラム