CRMソフトを手がける日本シーベル(http://www.siebel.com/jp/)の青木厖(ゆたか)社長が,8月末で辞任することが明らかになった。後任の社長はまだ決まっていない模様。青木氏も「日本シーベルの顧問として当面は会社に残る」という。

 青木氏は2000年5月に日本シーベルの社長に就任。2000年末からは,社員数を大幅に増員する計画を打ち出すなど,販売・顧客サポート体制の強化を進めていた。日本シーベル社長に就くまでは,日本IBMで営業推進担当取締役などを務めていた。

 辞任の理由は明らかになっていない。業界関係者によると,「経営方針を巡って,米シーベルの上層部との折り合いが合わなくなったことが原因」という。

戸川 尚樹=日経コンピュータ