日本航空(JAL)とNTTは10月22日,光ファイバを利用したブロードバンド・サービスであるFTTH(ファイバ・トゥ・ザ・ホーム)のユーザーを対象とした共同実験を開始すると発表した。2002年春に,数千人に対して動画配信を中心とするプレ実験を開始。その結果を踏まえたうえで,2002年秋に本格的な実験を開始する予定だ。

 2002年春からのプレ実験では,「JNFLASH(仮称)」と呼ぶ動画コンテンツを週1回,配信する。JNFLASHは,JALのキャピン・アテンダント(客室乗務員)が登場する「好きな旅先での過ごし方」や「上手な旅の工夫」などの番組で構成する。

 プレ実験に参加できるのは,JALのマイレージ・バンクへの登録者約900万人の中で,NTTのFTTHサービス「Bフレッツ」の加入者。プレ実験では,マイレージ・バンクに登録していないBフレッツの加入者や,マイレージ・バンクに登録している,他のADSLサービスへの加入者も,参加できるようにする。プレ実験には,合計数千人の参加を予定しているという。コンテンツも,FTTH向けとADSL向けの両方を用意する計画。2002年秋からの本実験では,プレ実験におけるコンテンツの視聴率やWebサイトの利用動向などを踏まえて,「JAL TV チャンネル(仮称)」と呼ぶ動画配信サービスを無償で提供する予定だ。

 この実験で,JALは動画コンテンツの提供を,NTTは技術面でのサポートを担当する。JALの狙いは,「ポータル・サイトのコンテンツを充実して集客力を高め,航空券販売や旅行関連商品などWeb上での販売を増やすこと」(JALの梶明彦常務)。一方のNTTは,「FTTHサービスに向くコンテンツの作成や,配信技術,双方向性の利用方法などに関するノウハウを蓄積する」(NTTの鈴木滋彦取締役)ことを狙う。この実験は,2000年11月にNTTが発表した「光マーケットクリエーション活動」の一環で,NTTとして三つめの共同研究となる。

島田 優子=日経コンピュータ