PR

 米マイクロソフトが毎年開催する開発者向け会議「Professional Developers Conference(PDC)」が,現地時間の10月23日にロサンゼルスで開幕した。基調講演に立ったビル・ゲイツ会長兼チーフ・ソフトウエア・アーキテクト(写真)は,「顧客が求めているものは,有意義な共同作業や既存の投資保護を実現できるソフトウエア・サービスだ。我々マイクロソフトの目標は,ソフトウエア・サービスの開発者が,より容易にサービスを統合し,顧客の問題解決を支援できるような開発環境を提供することにある」と宣言した。

 さらに,ゲイツ会長は,「業界標準であり,真の分散コンピューティングの基盤となるXMLを使うことで,開発者はパワフルかつ生産性の高いWebサービスを,顧客に届けることができるだろう」と語った。

 今年のPDCの目玉は,「.NET My Services」。これは「Hailstorm」の開発コード名で知られていた,基本Webサービス群。ユーザー認証機能の「Passport」,ユーザーへの通知機能,電子財布機能といった基本機能を提供する。マイクロソフトは2002年中頃にも,.NET My Servicesの提供を開始する。

 マイクロソフトは,Webサービスの開発者や実際のWebサービス提供企業に向け,.NET My Servicesのライセンス体系の一部を明らかにした。ライセンス体系には,開発するWebサービスの規模に応じて,「エントリー」,「スタンダード」,「コマーシャル」という三つの種類を設けた。ただし,三つの具体的な規模については明らかにしなかった。

 最も小規模なエントリーでは,年間1000ドルの定額料金と,開発したWebアプリケーション1種類につき250ドル。スタンダードは年間1万ドルに,アプリケーション1種類につき1500ドル。三つ目で最大規模のコマーシャルについては,個別見積もりとしている。

 さらに,PDCでは開発ツール群が一気に発表された。.NET My Servicesを自社開発のWebサービスに組み込むための開発キットをはじめ,アプリケーションに音声認識機能を組み込むための開発ツール,薄型・携帯パソコン「Tablet PC」用アプリケーションの開発ツール,マイクロソフトの次期主力開発ツール「Visual Studio.NET」の製品候補版,Visual Studio.NETで開発したアプリケーションを組み込み機器で動作させるためのミドルウエアなど。

 これほど多量の開発ツールを投入するのは,来年に備えて,一刻も早くアプリケーション開発環境を充実させておく必要があるからだ。来年はマイクロソフトにとって,「デバイス戦略元年」とでもいうべき年。計画通りに事が進めば,携帯電話「Stinger」と薄型・携帯パソコンの「Tablet PC」がデビューする。さらにPocket PCやWindows CEの新版,組み込み機器向けWindowsの新版など,非パソコン機器向けOSが一斉に登場する。

 あらゆる機器のOSをおさえようとするマイクロソフトはまず,開発環境の整備が急務と考えた。アプリケーション開発者の取り込みに失敗すれば,マイクロソフトが描く世界が崩れ去りかねないからだ。

玉置 亮太=日経コンピュータ,米ロサンゼルス)