米SGIの日本法人である「日本SGI(http://www.sgi.co.jp/)」が,NECグループの一員となることが決まった。NECとSI子会社のNECソフトが年内をメドに日本SGIの株式を取得する。

 3社は本日午後にも正式発表する。日本SGI側は「(NECとNECソフトが)発行済み株式の5割強を取得して,子会社化する」という一部報道は強く否定したが,「NECの連結対象子会社になる」(広報)ことは認めている。NECは「出資比率に関しては正式発表までコメントできない」(広報)ながらも,日本SGIが連結対象になることは認めた。

 NECとNECソフトからの出資受け入れ後も,和泉法夫社長以下,日本SGIの経営陣はそのまま残る。今回の出資は,3社が今年9月26日に発表した,戦略提携に基づくもの。発表時 和泉社長は「NECの資本を受け入れても,米SGI本社から離れてNECグループの傘下に入るつもりはない」とコメントしたが,結果として路線を微妙に変更した。

星野 友彦=日経コンピュータ


関係各社は10月26日午後3時過ぎ,上記内容を正式発表した。NECが日本SGIの株式の40%を,NECソフトが20%を取得する。NECは米SGIとならぶ,日本SGIの筆頭株主になる。取得金額はそれぞれ約77億円,約38億円。日本SGIの直近の売上高は約300億円である。