PR

 「ウイルス対策だけでは,企業のシステムの安全性を保つことができない。ウイルス対策とネットワークへの不正侵入防止策を統合する必要がある」。セキュリティ対策ソフト大手のシマンテック(http://www.symantec.co.jp/)の成田明彦社長は1月31日,同社の新製品発表会でこう強調した。

 シマンテックは2月18日から,グループウエア向けのセキュリティ対策ソフト「Symantec AntiVirus/Filtering 3.0 for Microsoft Exchange」を発売する。ウイルス対策ソフトにコンテンツ・フィルタリング機能を統合したことが最大の特徴。従来製品は「AntiVirus」という名称だったが,今回から「AntiVirus/Filtering」に変えた。今後の新製品についても同様の名称になるという。

 電子メールのタイトルや本文,添付ファイル名をスキャンし,スパム・メールやウイルス・メールをサーバーで食い止める機能を持つ。例えば「I LOVE YOU」や「Melissa」,「拡張子が.VBS」などのファイルが添付されたメールを自動的に削除できる。外部からの侵入だけでなく,見ただけでウイルスに感染するWebサイトや業務に関係ないWebサイトに社員がアクセスするのを防止することもできる。

 Windows 2000サーバーに搭載されたMicrosoft Exchange 2000上で稼働する。価格は100~249ライセンスの場合で,1ライセンスあたり3090円。初年度の売上目標は約3億円。

鈴木 孝知=日経コンピュータ