PR

 日本IBMは,Webシステムなどを顧客に素早く提案・設計できる「ITアーキテクト」を大幅に増員する。2000年末には70人だったのを2001年末に250人にまで増やしたが,これを2003年末には800人にする計画だ。

 開発期間が3カ月程度と短いWebシステムなどの案件が増えていることが背景にある。プロジェクト・マネジャが顧客の要望を一つひとつ明確にしてから設計する,というスタイルでは納期に間に合わないので,自分でシステムを設計してユーザーに提案できるITアーキテクトを増員する。

 ITアーキテクトは,日本IBMが社内で認定するプロフェッショナルSEの資格の一つ。プロジェクト・マネジャやコンサルタントなどの社内資格に並ぶものである。同社は今後,プロジェクトマネジメント能力を兼ね備えたITアーキテクトも育成する計画だ。

安保 秀雄=日経コンピュータ