PR

 米i2テクノロジーズの中根滋COO(最高執行責任者)は4月23日に記者会見し,「ハッピーな顧客を1社でも多くつくる」と,新任の抱負を語った。中根氏が米i2のCOOに就任したのは今月4日(米国時間)。売上高1000億円規模の米ITベンダーで,COOの要職に就いた日本人は中根氏が初めてである。

 会見に同席したサンジブ・シドゥ会長兼CEO(最高経営責任者)は,本社のCOOに中根氏を起用した理由を「SAPとプライスウォーターハウス・クーパース,IBMで活躍してきた。そうした経験がi2の戦略を実現するために必要だった」と説明した。これに対して中根氏は,「サンジブの気持ちに打たれた。『よし,協力しようじゃないか』と思ってCOOを引き受けた」と語った。

 なお,i2テクノロジーズ・ジャパンは5月の連休明けに,中根氏の後任社長を発表する。「新社長は社外の人にお願いすることにしている」(中根氏)という。

栗原 雅=日経コンピュータ