PR

 元SAPジャパンと元日立製作所の技術者が中心となって設立したベンチャー企業のビーブレイクシステムズ(http://www.bbreak.co.jp/)は、Javaベースで“65万円から”と低価格のWebアプリケーション開発・稼働環境「J-Fusion」の販売を、10月から本格的に開始した。J-Fusionは、自社開発のフレームワークにWebアプリケーション・サーバーなどを組み合わせて構成する。この開発環境を利用すれば、ServletとJSPで構成したプログラムの開発やデータベース定義、画面定義などを統合的に行うことができる。

 同社の白岩次郎社長は、「中堅中小企業の情報化投資にまわせる予算額を試算して、J-Fusionの価格を設定した。J-Fusionは稼働プラットホームを選ばない。OSにLinux、データベースにPostgreSQLを選択すれば、あとは数万円のパソコンを用意するだけで、業務システムを構築できる」と語る。連携するデータベースなどを有償ソフトに変えるなどすれば、より大規模なシステム開発に利用することも可能だという。

 ビーブレイクシステムズは単にJ-Fusionを販売するだけでなく、この開発環境を使ったシステム開発も行う。すでに同環境を利用して、わずか1.5人月程の工数でWebインテグレータのサイエント ジャパンのプロジェクト管理システムを開発した実績があるという。

中村 建助=日経コンピュータ