PR

 「2003年の国内ITアウトソーシング市場の規模は、対前年比2.1%増の2兆8489億円」。調査会社のIDC Japanは6月2日、こうした予測を発表した。2002年の同3.6%に比べて伸び率は鈍化する見込みだが、国内IT市場全体の成長率がわずか0.1%と予想される中では、健闘と言えそうだ。

 成長の維持に大きく寄与しそうなのが、イントラネットやエクストラネットの構築・保守などの「ネットワークインフラ管理」と、ソフトウエアのインストールや管理業務を行う「アプリケーションアウトソーシング」と呼ぶ2分野。2003年の成長率はそれぞれ10.3%、5.5%に上る見込みである。中でも、ネットワークインフラ管理の分野では今後、IP-VPNやVoIPといったIPベースのシステムへの投資が見込まれることから、2007年までの年間平均成長率は12.3%に達するとした。
 

(本間 純=日経コンピュータ)