PR

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は7月23日、海外拠点からのWebアプリケーションへのアクセスを高速化する新サービス「IIJネットライトニング」を8月7日から提供すると発表した。このサービスを使うことで、通信の遅延が大きい海外からのWebアクセスを高速化することができる。

 個々のエンドユーザーはWebブラウザの設定を変更する必要がない。利用する企業は、Webサーバーが利用するDNSサーバーの設定を変更するだけでよい。

 特徴は、動的なWebコンテンツでもアクセスを高速化できること。従来もCDN(コンテンツ・デリバリ・ネットワーク)のように、キャッシュ・サーバーを使ってWebアクセスを高速化するサービスはあった。ただし、CDNで利用できるのは、静的なWebコンテンツや映像・音楽配信コンテンツに限られていた。

 新サービスでは、電子調達・購買、電子商取引といった顧客向けのシステムや、SCM(サプライ・チェーン管理)などの社内システムでも利用できる。これらのシステムを世界中の拠点から、インターネット経由で利用できるようにしたい企業がターゲットとなる。

 海外から日本のWebサーバーにアクセスする場合、国内でWebアクセスする場合に比べて、距離による通信の遅延が大きくなる。特にHTTPプロトコルを使うと、1回のWebアクセスでも数十回のデータのやり取りが発生し、遅延時間が数十倍になってしまう。

 新サービスでは、海外との通信区間を独自プロトコルを使って通信することで、データのやり取りの回数を減らす。これにより遅延時間を最小限に抑えることができる。IIJの近藤学 技術本部企画開発部開発課長は、「ロンドンから首相官邸サイトにアクセスした場合、このサービスを使わないと約11秒かかったのが、このサービスを使うと1秒強にまでアクセス時間を短縮できた」とする。新サービスの技術やシステムは米ネトリのものを採用した。

 月々の利用料金は、Webサーバー側の通信速度が1Mビット/秒の場合で65万円から。初期費用として50万円かかる。

鈴木 孝知=日経コンピュータ