PR

 日本ネットワークアソシエイツは、LANアナライザ・ソフト「Sniffer」の低価格版にあたる「Netasyst(ネットアシスト)」(写真)を9月から販売する。出荷は10月中旬の予定。企業のLANや無線LANに不具合が生じたときなどに、LAN内の通信データを収集し、原因を分析するのに使う。

 NetasystはLANインタフェースを10BASE-T/100BASE-TXにするなど、機能を絞ることで低価格にしたエントリ・モデル。「Sniffer Basic」や「Sniffer Investigator」などの後継製品だが、LANアナライザの各機能をモジュール化し、ユーザーが選択・追加できるようにした。

 有線LAN用、無線LAN用のソフト・モジュールや、不具合の原因を自動的に分析したり、障害が起こりそうなネットワーク部分を予見したりするためのモジュール「Expert」を用意する。動作OSはWindows2000/XP。

 価格は、有線LAN用でExpert無し「L」が29万8000円、同Expert有りの「LX」が74万9000円。有線および無線LAN用でExpert無しの「WL」が44万9000円、同Expert有りの「WLX」が110万円。年内は発売記念価格としてそれぞれ19万8000円、48万円、39万6000円、100万円で販売する。

 同社の森健太郎マーケティング本部Snifferマーケティング部プロダクトマーケティング マネージャーは、「性能はもちろん、価格面でも他社製品に負けないラインアップをそろえられた」という。

鈴木 孝知=日経コンピュータ