「他社の10Gビット/秒(bps)対応スイッチは、単にスピードを上げただけで管理面や拡張性に工夫がない」。高性能スイッチ大手のエクストリーム ネットワークス プロダクトマーケティングの水品巧氏はこう語る。同社は12月16日、10Gbpsのインタフェースを搭載したレイヤー3スイッチ「BlackDiamond 10808」の出荷開始を発表した(写真)。

 水品氏は、「通信速度を上げただけのスイッチでは、セキュリティ面で支障がでる。ファイアウオールやIDS(不正侵入検知システム)の多くは、10Gbpsで流れてくるデータを処理しきれない。それが複数ポートからのデータになればなおさらだ」と主張する。

 そのため、「10Gbpsのネットワークでは、スイッチ自身がセキュリティ装置に無駄なデータを流さないように通信を制御できなければならない」(森茂人ソリューションマーケティングディレクタ)とする。BlackDiamond 10808は、IPアドレスやMACアドレスといったヘッダー情報などで通信を制御でき、その制御を12万8000通り設定可能だ。水品氏は「他社製品でも通信制御は可能だが、数千通りしか設定できない」と語る。

 10808は一つのシャーシに、10Gbpsのイーサネット・インタフェースを最大48ポート搭載可能。1Gbpsのインタフェースを使う場合は、最大480ポート搭載できる。

 森ディレクタは「将来、40Gbpsや100Gbpsのモジュールが出ても、同じシャーシを使い続けられるような設計にしてある」ことを、他社にはない拡張性の優位点に挙げる。また、「今後、VoIP(ボイス・オーバーIP)ゲートウエイと連携してIP電話の冗長性を高めたり、IDSと連携してセキュリティを高めたりするといった仕組みを取り入れていく」という。

 BlackDiamond 10808の価格は最小構成で1237万円から。イーサネット・インタフェースは別途必要で、10Gbpsの場合は6ポートで930万円から。

鈴木 孝知=日経コンピュータ