東京エレクトロンは、多数のアクセス・ポイントを利用する無線LANシステムの構築・運用が容易になる無線LAN製品の販売を、1月13日に開始した。これは米エアフロー・ネットワークスの製品で、無線LAN通信開始時のネゴシエーションをアクセス・ポイントではなくサーバーが集中的に処理する。再ネゴシエーションをなくし、アクセス・ポイント切り替え時のスループット低下を軽減する。無線LAN同士の干渉を回避する仕組みなども組み込んだ。これにより、専門家でなくても容易にアクセス・ポイントを設置・運用できる。

 従来の無線LANを企業内などで利用する場合、無線LAN通信同士の干渉や、障害物などによる通信速度の低下などが発生しないように、アクセス・ポイントを設定し配置する必要がある。アクセス・ポイントを多数設置する場合、無線LANに精通している技術者以外では、導入や運用が難しかった。

 今回の製品は、無線のアンテナの役割を果たすアクセス・ポイント「AirHub」と、AirHubを集中管理する専用機「AirServer」、「AirSwitch」からなる。AirSwitchは、AirServerにスイッチング・ハブの機能を組み込んだ製品である。アクセス・ポイントに設定するESS-ID(拡張可能サービス・セットID)やWEPキー(暗号化するためのキー)などの情報は、AirServerとAirSwitchが集中管理する。構築時は、AirServer、AirSwitchに、ESS-IDやWEPキーなどを設定すればよい。

 無線LANのチャンネル管理を容易にするために、通信方法を工夫した。通常無線LANでは、お互いの通信が干渉しないよう、周波数帯域を5MHzごとに14のチャンネルに分け、隣り合うアクセス・ポイントは異なるチャンネルを利用するよう設定する。ただ、チャンネル数は14しかないため、1つのフロアに多数のアクセス・ポイントを設置する場合などは、割り当てが難しい。

 そこでエアフロー・ネットワークスは、同じチャンネルを使う場合でも干渉しないよう、タイミングをずらして通信する技術を製品に組み込んだ。各AirHubの通信干渉の情報をAirServerまたはAirSwitchが管理し、どのタイミングで通信すればよいかをAirHubに指示する。これにより、干渉への配慮は必要なくなり、すべてのAirHubを同じチャンネルで運用できる。専門家でなくても、容易に無線LANシステムを構築できる。

 この場合、AirHub1台あたりのスループットは低下するものの、パソコンからみたスループットが低下するわけではないという。「同じチャンネルの複数のAirHubが無線LANの通信帯域を共有しているだけ。パソコンなどは、それら複数のAirHubを利用するため、結果としてスループットは低下しない」(東京エレクトロン)。

 さらに、無線LAN通信開始時のネゴシエーションを集中処理する機能も備える。他社製品の無線LANではアクセス・ポイントが処理する、MACアドレスやESS-IDの確認などの無線LAN通信開始時の処理を、AirServerまたはAirSwitchが行う。AirHubは、通信を中継するだけである。AirHubの故障などによって別のAirHubと通信することになっても、同じAirServerまたはAirSwitch配下であれば、再度ネゴシエーションする必要はない。そのため、「アクセス・ポイントが切り替わる場合でも、スループットの低下はほとんどない」(東京エレクトロン 第一営業統括グループ 統括リーダーの林 英樹氏)という。

 価格は、AirHubが9万5000円、AirServerが168万円、AirSwitchが196万円である。現在は802.11bのみに対応するが、4月か5月に802.11a、夏には802.11gにも対応する。東京エレクトロンは、3年間で20億円以上の売り上げを見込んでいる。

(福田 崇男=日経コンピュータ)