マイクロソフト日本法人は1月28日、中小企業向けのサーバーOS「Windows Small Business Server2003(SBS2003)」を発表した。2月2日から出荷する。Windows Server2003の廉価版という位置づけで、ポータル・サイト構築ソフト「Windows SharePoint Services」、グループウエア・ソフト「Exchange Server2003」を同一パッケージに同梱する。Windowsクライアントがサーバー機能を利用するための「クライアント・アクセス・ライセンス(CAL)」も五つ標準で付属する。このほか年内は、日本だけで提供しているブラウザ・ベースのグループウエア「GroupBoard」も無償で同梱するという大盤振る舞いだ。これで価格は通常のWindows Server 2003(5CAL付きで17万6000円)より3割ほど安い11万9800円だ(Standard Editionの場合)。ただし、SBS2003用の追加5CALは8万8600円と、Windows Server 2003用(3万1500円)より大幅に高い。

 マイクロソフト日本法人は1998年にSBS2003のルーツにあたる「BackOffice Small Business Server4.0」を投入、中小企業市場の開拓に取り組んできた。しかし、当初の計画通りには導入が進んでいない。そこでSBS2003を投入し、巻き返しを図る。

 そのために同社は「SBS2003は全国の中小企業向けのIT導入支援サービス『全国IT推進計画』を展開する中で、何年もかけて得たノウハウを生かした」(眞柄 泰利常務執行役)とする。

 具体的には専門知識がなくても利用できるようインストール作業を簡略化した。SBS2003はインストール時に設定する項目を最小限に絞り、画面数を七つに抑えた。電源を入れてから15分程度でインストールが完了するという。旧版の「Windows Small Business Server2000」はインストール画面が20あり、作業完了まで1時間程度必要だった。

 運用の負担軽減にも努めた。遠隔地からサーバーを運用する機能を強化した。遠隔地からブラウザを使ってSBS2003に接続すると、SBS2003のデスクトップ画面で操作できる。「リモートWebワークプレース」と呼ぶ。このほかサーバーの運用担当者に遠隔操作の権限を付与すると、その担当者のパソコンに暗号化ソフトなどを自動的に組み込む仕組みを追加した。これにより、VPN(仮想プライベート・ネットワーク)などの煩わしい設定作業が不要になる。

 SBS2003はリモートWebワークプレースのプロキシ・サーバーとしても動作する。運用担当者は、いったんSBS2003に接続すると、その配下にあるクライアント・パソコンに接続できる。この機能を利用すると、遠隔地からサーバーだけでなくパソコンも保守できる。サーバー・リソースの統計情報を管理者のメール・アドレスに送る機能も新たに装備した。

 SBS2003の出荷に併せて、NEC、デル、日本ヒューレット・パッカード、富士通などが同OSをプリインストールしたサーバー機の販売を開始する。このほかNTT東日本がSBS2003を使ったASPサービスを、大塚商会がSBS2003に特化した遠隔運用サービスを提供する予定。

 SBS2003には前述のStandard Editionのほか、28万3800円のPremium Editionがある。こちらは、さらにデータベース管理ソフト「SQL Server2000」、Webページ作成ソフト「Office FrontPage2003」などを付属する。

(福田 崇男=日経コンピュータ)