東京・目黒の監視センター

 ケーブル・アンド・ワイヤレスIDCは5月10日から、同社データセンターの顧客向けに、不正侵入に対する検知/防御サービスを提供する。「侵入検知サービスを提供するデータセンターは他にもあるが、防御サービスまでメニュー化した例は国内で初めて」という。ネットワーク監視サービスを手掛ける、インターネット セキュリティ システムズ(ISS)と共同で提供する。

 ISSのIDS(侵入検知システム)装置「Proventia」をデータセンターに設置し、顧客のサーバーを出入りするパケットを監視する。この装置はDoS(サービス拒否)攻撃などの不正なパケットを検知すると、ISSの監視センターに警告を送る。ISSのセキュリティ担当者はその危険性を判断したうえで、必要があれば顧客企業のシステム担当者に連絡を取り、該当パケットを遮断する。装置のパターン・ファイルは随時ネットワーク経由で更新する。

 このサービスの特徴は24時間の有人監視体制であること。ISSの林界宏社長は、「不正パケットを機械で自動的にブロックすると、正当なパケットまで止めてしまい顧客の業務に支障をきたすことがある。人間の目による監視が重要だ」と語る。

 不正パケットの検知と防御がセットになった「不正侵入防御サービス」は、初期費用48万円、月額45万円から。検知のみを手掛け、実際の防御は顧客企業に任せる「不正侵入検知サービス」は初期費用44万円、月額39万円から。いずれも1年契約の場合の価格である。

本間 純=日経コンピュータ