PR

 沖電気工業と米BEAシステムズは、WebとIP電話を連携させるシステムを開発・実行するためのアプリケーション・サーバー「SipAs on Weblogic(シップエーエス・オン・ウェブロジック)」を共同開発した。6月16日に提供を開始した。

 特徴は、Webアプリケーションの実行環境であるJ2EEサーバーとIP電話を実現するためのSIP(Session Initiation Protocol)サーバーを統合している点だ。BEAのWebアプリケーションサーバー「WebLogic Server」に、沖電気が開発したSIPモジュールを組み込んだ。これに合わせ、BEAの統合開発ソフト「WebLogic Workshop」を、J2EEとSIPを連携するアプリケーションを開発できるよう拡張した。

 従来は、WebとIP電話を連携するシステムを開発するには、J2EEサーバーとSIPサーバーを別々に用意し、それぞれでアプリケーションを作り込む必要があった。J2EEとSIPの開発・実行環境を統合することで、システムの開発スピードを上げ、運用・保守の負荷を減らせる。

 電話とWebが連携するシステムの利用分野は、コールセンターやサポート窓口など、顧客サービスのフロントオフィスが考えられる。現状の顧客サービスは、Webによる一方向のサービスと電話による双方向のサービスとに分断されている。これらが融合することで利便性を上げられる。例えば、顧客がWebページ上に用意された「電話で相談したい」と書かれたボタンを押すと、コールセンター側にその情報が通知され、顧客に電話がかかってくるサービスなどが実現できる。

 価格は非公開だが、「5000万円以上1億円未満」(沖電気)だという。通信事業者を中心に、システム・ベンダーや大手ユーザー企業などに向け、国内外で販売する計画だ。

目次 康男=日経コンピュータ