PR

 NECは、P2P(ピア・ツー・ピア)でファイル共有するためのソフト「P2PWeb」を開発した。ファイルのアクセス権限や通信記録を管理する機能が特徴。NEC情報システムズが来年後半に、P2PWebを使ったシステム構築サービスなどを開始する計画である。東京ビッグサイトで12月1日から3日まで開かれた展示会「iEXPO2004」において、NEC情報システムズが参考展示した。

 P2Pソフトには、どのパソコンにどのファイルが保存されているかをサーバーで管理する方式と、端末側で分散して管理する方式があるが、P2PWebは後者の方式を採る。サーバーに処理が集中してボトルネックになる問題を回避できる。格納場所の検索を高速化するために分散ハッシュ技術を用いる。

 NEC情報システムズは、ユーザー層を企業や個人のコミュニティなど広くとらえている。応用分野として、災害時の情報配信や、マンション内での情報共有などを挙げる。また、ネット家電など他社製品に組み込む基盤ソフトとしての利用も想定している。「P2Pソフトはいま悪いイメージがあるが、技術としては有用なもの。セキュリティ機能によってイメージ・アップを図りたい」(同社)という。

森側 真一=日経コンピュータ