PR

CEOに就任したエバ・チェン氏

 トレンドマイクロは1月6日、最高技術責任者(CTO)のエバ・チェン氏がスティーブ・チャン氏に代わり代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)に就任すると発表した。スティーブ・チャン氏は取締役会長に就任する。

 会長になるスティーブ・チャン氏は今回の人事を「トレンドマイクロの戦略を実行するための組織の再編である。製品だけではなく顧客に対して、それぞれの環境やニーズに合ったサポートを重要視したい」と説明する。

 新たに取締役社長兼CEOになるエバ・チェン氏は、台湾トレンドマイクロに入社。その後、米国トレンドマイクロの業務執行役員や最高技術責任者を経て社長に就任となった。エバ・チェン氏は会見の中で今後のトレンドマイクロの主な戦略三つを挙げた。

 一つ目は予測不能な攻撃に対しての保護。世界中に広がっているネットワークからどんな脅威が発生するかわからない。その脅威に対して、予防はもちろん、感染しても業務が早急に復旧できるようにする。

 二つ目がタイムリーなアップデートと迅速な対応の強化。パターン・ファイルの更新だけではなく、情報のアップデートやソリューションの提案を含んでいる。

 三つ目がインフラを含めた保護。自分のパソコンを保護するだけでなくネットワーク全体を考えたセキュリティの確保をサービスとして提供する。

 また最後に、「大規模感染などから常に学び、顧客をどのようにサポートすればよいかを考える組織にしたい」(エバ・チェン氏)と自社に対する意気込みを語った。

安藤 正芳=日経コンピュータ