PR

 センドメールは、送受信するメールをあらかじめ定義したポリシーに応じて処理するミドルウエア「Sendmail Mailstream Manager」を6月上旬に出荷する。きめ細かいポリシーを対話形式で簡単に設定できるのが特徴だ。

 ポリシーは管理者用画面で設定する。まず、「処理対象となるメールの条件」を、次に「そのメールに対する処理内容」を設定する。「商品問い合わせ用のアドレスにきたメールが来たら、データベースから商品情報を取得し、担当者の送信アドレスを使って返信する」、「取引先へのメールに特定の機密情報が含まれている場合は、自動的に暗号化して送る」といった具合に処理を自動化できる。

 これらの処理を設定するための項目はあらかじめ用意してあるため、管理者はGUI画面から項目を選択するだけでよい。また、メールの条件や処理内容はそれぞれ複数設定することができ、複雑なポリシーでも実現可能である。これまで同種のツールはあったが、スクリプトを作成するなどの複雑な設定作業が必要だった。

 標準でスパム対策機能や送信ドメイン認証機能を備える。「多くの企業は、通常のメールと一緒にスパムも受信しているためにメール・サーバーの負荷が高くなり、サーバーを増強している。MailStream Managerを使って入り口でスパムの受け取りを拒否すれば、サーバーは増やさずにすむはず」と、センドメールの小島國照社長は説明する。

 このほか受信メールの送信元が詐称されていないことを確認する「送信ドメイン認証」にも標準で対応する。標準で対応する商用製品は珍しい。

 Sendmail Mailstream Managerは、外部とのメールを直接やりとりするMTA(メール転送エージェント)として利用する。すでにMTAがあれば、それに組み込んで利用することも可能である。価格はオープン。

福田 崇男=日経コンピュータ